Menu

学校ごとのコースの仕組み

鍼灸

国家試験の合格のしやすさ

医療関係の国家試験はいろいろあります。病院などで技術を使えるところもあれば、独立開業ができる資格などもあります。鍼灸師は正確には鍼師と灸師の別々の2つの資格を意味します。ただ試験などが似ていて共通部分も多いので、両方の資格を一度に取得する人が多いです。学校などでもそれぞれのコースよりも両方を一度に学べるコースが多くなっています。もちろんそれぞれで勉強できるところもあるので、自分に合った学校を選ぶと良いでしょう。鍼灸のコースを調べると、昼間部と夜間部を持つ学校が多いことに気が付くでしょう。鍼灸コースを選択する学生には、まずは高卒後に学ぼうとする人がいます。この人たちは主に昼間コースに通います。それ以外には他の学校に通っている人や社会人がいます。昼間は別の学校車仕事をしているので昼間コースに通えません。そこで夜間に行っている夜間コースに通えるようになっています。夜間でも国家試験受験のためのカリキュラムが組まれています。さらに鍼灸を学ぶ学校を選ぶときに迷うのが専科と本科です。学校によって多少違いはあるようですが、1000かは鍼灸をより専門的に学べるコースです。一方本科はではそれ以外にあん摩マッサージ師の資格が取得できる実技の授業などが含まれています。こちらの資格も国家試験では重複する部分が多いので、取れるのであれば一緒に取っておいた方がいいかもしれません。夜間だと学ぶための時間が限られる可能性があるので、専科の方がいいかもしれません。

Copyright© 2018 科学医療のプロを目指そう【臨床工学技士は責任重大な仕事】 All Rights Reserved.