Menu

国公立と私立の学費相場

女性

費用だけでなく評判も重要

医療関係の職業でも放射線を使った検査や治療を行う診療放射線技師は、就職に有利なことから人気が高まっています。診療放射線技師の資格を取得するには国家試験の受験資格を得た上で、難関の試験に合格しなければなりません。その受験資格が得られる教育機関としては、国が指定する大学・短大の診療放射線技師学科と専門学校があります。特に大学は大規模な病院への就職に有利となってくる上に、放射線治療を行うのに大卒以上の学歴を条件としている求人も少なくありません。診療放射線技師学科のある大学は国公立と私立に大きく分けられますが、このうち学費の面で負担が最も軽いのは国立大学です。国立の場合は282,000円という入学金と535,800円という年間学費が共通しており、4年間合計の費用はいずれも2,425,200円となります。県立大学の場合は年間学費が国立とほぼ同水準ですが、県外と県内では入学金が異なり、県内からの入学であれば国立の半分で済むところもあります。県外から入学する場合は国立よりも4年間合計の費用が国立より高くなる事例もありますが、私立と比べればその差額は小さいものです。私立の場合は当然のことながら大学によって入学金や年間学費に違いが見られ、4年間の合計費用でも100万円以上の差が出てきます。入学金では20万円から30万円までの範囲となっており、国公立と比べてもそれほど高額というわけではありません。私立大学は全般に年間学費が国公立よりも高額で、1年当たり100万円以上を必要とする例が大半です。4年間の合計費用になると私立大学は最低でも500万円以上を必要とし、600万円台が平均相場となっています。診療放射線技師を目指すために進学すべき大学を選ぶ際には、費用だけでなく評判も判断材料の1つです。学費が安く済むに越したことはありませんが、国家試験合格率の高い大学ほど将来の就職に有利だと言えます。

Copyright© 2018 科学医療のプロを目指そう【臨床工学技士は責任重大な仕事】 All Rights Reserved.