Menu

求人が増えている仕事

パソコンを操作する人

一定の技術や知識がいる

高齢化が進むと、医療機関の充実が求められます。医療機関で働く人として医師がいますが、メインの仕事は患者の診察や治療です。外来の診察をしたり、入院患者の診察、さらには手術や投薬の指示なども行います。それ以外にカルテの入力、処方箋の作成など事務的な仕事もあります。医師にとっては必要な仕事ですが手間にもなっています。そこで医療機関によっては医師事務作業補助を採用して医師の事務負担を減らす傾向が出てきています。医師事務作業補助に関しては、日本医療教育財団による技能審査認定試験が実施されています。この仕事をしたい人向けの試験で、合格すれば仕事をする上での知識や技能があると認定されます。この資格がないと仕事ができないわけではないですが、求人でこの資格者を求めるケースもあり、持っていると採用されやすくなるでしょう。医師の業務の負担を減らしたいと考える大きな病院では、医師事務作業補助の求人を行っており、今後も求人が増える可能性があります。医師事務作業補助の試験は年に6回実施され、一定の教育プログラムを受けた人などが受験できます。知識を問う筆記試験と、医療文書を作成する実技試験から構成されています。合格するとドクターズクラークと呼ばれる称号が与えられるのも人気の理由かもしれません。単なる事務をするのではなく、医療関係のより専門的な事務ができることを認めてもらえます。合格するには70パーセント以上の得点率が必要で、合格率は60パーセント程度とされています。

Copyright© 2018 科学医療のプロを目指そう【臨床工学技士は責任重大な仕事】 All Rights Reserved.